多くの人がリードワンプロモーションのオーディションに応募している

リードワンプロモーションは新人の発掘に力を入れています。そのため、素晴らしい人材を確保するために、新人発掘のオーディションを開催しています。芸能人になりたい、タレントになりたいと夢見ている人は多くいます。大手芸能事務所が開催しているようなコンテストに出て賞を取って芸能人になる道もありますが、かなり厳しく競争率も激しいです。しかもコンテストで賞を取れなければなかなか道は開けません。しかし、有名なコンテストに落ちたが、今では芸能界で活躍をしている人もいます。コンテストに落ちたけど、別の芸能事務所に入ったことで芸能人として活躍をすることができるようになった人もいるのです。

リードワンプロモーションは芸能界で輝ける人物を発掘したいと思ってオーディションを開催しています。何か賞が取れるわけではありませんが、オーディションで合格をした人はリードワンプロモーションの所属タレントになれることが決まっています。芸能人としての第一歩です。活躍ができることが約束されているわけではありませんが、リードワンプロモーションでは、所属タレントに対し手厚いサポートを行っている芸能プロダクションです。

所属させているだけで何も活動をさせてもらえない、レッスン料を払ってレッスンは受けられるけど仕事が入ってこない芸能プロダクションとはわけが違います。舞台やショートムービーなど、所属タレントが一人でも多く出演ができるように協力していますし、所属タレントが輝いていけるように、芸能界で夢をつかむことができるように、一生懸命サポートを行っているのです。

男性の所属タレントは2名います。鈴木研也さんは新人発掘オーディションで合格をしたことによってリードワンプロモーション所属の男性タレント第一号となっています。「社長が自分を見初めてくれたので今の自分がある」と、鈴木研也さんはツイッターに書いています。50人ものライバルがいる中で、自分を見初めてくれた社長に恩返しをしたいから、リードワンプロモーションを代表するタレントになりたいと抱負も語っています。

スタッフをはじめ社長の人柄が良いのだと分かる書き込みではないでしょうか。そして、自分のためだけではなく、自分を見つけ出してくれた人たちに恩返しがしたいという気持ちは、気遣いがある人でなければ言えない言葉です。リードワンプロモーションは、見た目だけではなく、きちんと人間性も重視して新人の発掘や選考を行っていることが分かります。

リードワンプロモーション
http://leadone-pro.com/

ピックアップ記事

  1. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  2. 村上悦栄は、練馬区北町などを中心に活動している人物です。練馬区議会自由民主党の副幹事長を務めるなど、…
  3. 慶應義塾大学を卒業後、化粧品会社に就職して、その後美容ライターとして活躍している牧野奏子は美容・化粧…
ページ上部へ戻る