大高和寿が原宿でおススメするスポット~おもはらの森編~

大高和寿が原宿でおススメするスポット。〜おもはらの森編〜

2012年4月18日に誕生した東急プラザ 表参道原宿。実は大高和寿、あの場所が東急プラザだとは知らなかったんです。彼女に連れられてフラッと遊びに行くとか、billsにパンケーキ食べに行く…とかはありましたが、向かい側にはラフォーレ原宿があるのでそういうカタカナ系のファッションビルだと思っていたんです。そしたら今回、“おもはらの森”について書いてみようと再び行ってみると“TOKYU PLAZA”と書いてあったので「東急?!」と少々驚いたというわけです。お恥ずかしい(笑)

それはさておき、個人的には彼女に連れられて行く場所としては、ラフォーレ原宿よりもこちらの東急プラザの方が好きですね。何故ならハンズカフェやスタバ、billsなど入りやすいカフェがあるから。ラフォーレ原宿にもカフェやフードはありますが、なんか入りずらいと感じてしまうのば大高和寿だけなのでしょうか?お洒落な恰好した人じゃないとダメな感じがします。

やはり基本的に甘いものが好きなので彼女が伊勢丹ミラーというコスメショップで化粧品を物色している間にゆっくりとお茶するのが好きなんです。一緒にいると「ねぇねぇ、どっちの色が良いかな?」とぼくには同じ色に見えるリップを両手に持って聞いてくるので困ってしまうんですよね。(笑)アイシャドウなんかも、「ラメが〜」「パール感が〜」とかもう全然わかりませんし。目の上の色なんか本当にわからない。二重なんだから色塗ってる場所織り込まれて見えないじゃん、と思います。(笑)こんなことを言うと「女心がわからないのね」と一度喧嘩しかけたので言わないですが。(笑)

購入した彼女と僕が先にお茶していたカフェで合流するのがお決まりなんですが、毎回気になっていたところ。それが“おもはらの森”でした。何やらあの辺りだけ自然空間があるな、とは思っていたんですが、特に行ってみるでもなく、遠くからボーっと眺めているだけでした。そもそもどこから入るのかわからなかったし。

6階に入り口があるらしく、ドキドキしながら入ってみると、そこには想像以上の木々が広がっていました。原宿という街に絶妙にマッチする屋上庭園、これはお洒落に厳しい若者も好きそうだな、と感じました。石原さとみさん主演のドラマ“5時から9時まで”でも使われていたそうなんですよ。石原さとみのファンなら同じ椅子に座りたい〜と椅子取りゲームが始まってしまいそうですね。(笑)

このお洒落な場所で、パソコンを広げ仕事をしている人やのんびり読書している人、友達とキャッキャウフフとスマホを見ている人、多くの人が様々な方法で“おもはらの森”を満喫していました。まさに原宿の喧騒を忘れさせてくれるオアシスのような感じでしたね。営業時間も8時30分〜21時なのでまさにのんびり読書という方にピッタリだと思いました。大高和寿も次回からは本を持ってくるつもりです。

まだ一度しか来ていませんが、自然をテーマとしているおもはらの森では、季節ごとで庭の雰囲気を変えて様々な装飾がされるそうなんです。夏は気温26度に達するとミストが吹き出たり、クリスマスにはキラキライルミネーションが。デートにピッタリですね。イベントも定期的に開催されているようで、アーティストさんを呼んで野外ステージ、大スクリーンで映画鑑賞、夏祭りもあるそうです!夏祭りの様子を写真でみましたが、提灯が下げられていて今から夏が待ち遠しくなりました。浴衣を着ていくとビールがもらえたりするイベントもあるみたいなので彼女に浴衣を着てもらって…と、想像が膨らみますね。
美味しいフードサービスもありましたし、みなさん是非。

関連記事

ピックアップ記事

  1. タイ料理を食べた後に、美容室でトリートメントをしてからヨガへ行こう、もしもこんな休日のスケジュールを…
  2. 北海道の農業  広大な面積を誇っている北海道は、現在日本の中でも有数の農業が盛んな地域となります。し…
  3. アバウト 2017年9月 プロジェクト始動 MUSIC PLANETは「アーティストを目指す人々」…
ページ上部へ戻る