エスケイ通信が取り組んでいる社会・環境保全活動について

社会・環境保全活動に取り組んでいる企業は数多くあります。このような活動は企業の経営の機動性や透明性、健全性を高めることにも繋がっているのです。エスケイ通信もその企業の一つであり、継続的に利益を伴った経営成長を遂げるのはもちろんのこと、社会や環境のために取り組む活動をすることにも力を入れています。
それではエスケイ通信が実際に取り組んでいる社会・環境保全活動についてご紹介します。

エスケイ通信が社会や環境のために取り組んでいること
エスケイ通信では、社会や環境のために労働環境の改善も大切にしています。経済成長の要となる女性の積極的採用や役職者輩出など、女性社員の活躍の促進に対して大きく力を入れています。また、社員のワークライフバランスがとれるよう産休や育休制度の施行や実施、年次有給休暇の取得促進などにも積極的に働きかけています。さらに障害者の雇用の機会を創り出したり、教育機関の設置などにも取り組んだり、法定雇用率以上の雇用機会の創出を目指しています。社員の健康面に対しても、定期的な健康診断を実施することや季節における感染性ウィルスへの予防対策も行っています。そうした細やかな働きかけにより、社員の健康管理に努めているのです。このようにエスケイ通信のような安心して働ける職場作りは、より良い社会や環境作りの貢献に繋がっています。労働環境を整えるのも会社として大切な役割と言えるのではないでしょうか。

社会活動の取り組みについて
一般的に社会活動とは、人が社会のために貢献すること言います。私たちの生活においては、コンビニにある募金箱に募金をすることや無駄な紙の使用をなくすことなどが挙げられます。企業が実際の活動をする際には、業務とは別に会社の利益を求めずに社会への貢献となるような活動でなくてはいけません。エスケイ通信では“今以上に日本をはじめ、世界を元気にしたい”というスローガンを掲げ、社員一人一人が当事者意識を持って災害などの被災地域の状況やニーズに合わせた様々な社会奉仕活動を行っています。例えば、NPO団体と連携してフィリピンで起きた台風30号“ハイエン”の復興支援プロジェクトの参加があげられます。具体的な支援内容は、レイテ島タナワンの376世帯の家屋の修復や生活再建、学校の備品や図書室の再建などです。こうした災害復興は長期的な支援が必要であると考えられており、継続的に取り組んでいます。

環境保全活動の取り組みについて
一般的に環境保全活動とは、人間による環境破壊の防止、自然保護を目的とした活動することを言います。私たちの生活においては、家庭から出るゴミを減したり、電気の無駄遣いを減らしたり、水の無駄遣いを減らすことがこれにあたります。また、環境への関心を高めることもこれに繋がります。環境保全活動への取り組みは、今や企業にとっては義務化しつつあるような当たり前の活動になってきています。エスケイ通信では地球環境に対する取り組みとして、CO2の排出軽減や省エネ対策を行い、環境の負荷軽減を行っています。また、より良い環境の引継ぎが次世代にも行えるよう、時季や季節に合わせた空調の温度設定を行っています。さらに社内照明をLED照明に切り替えることで、電力の需要確保につなげる取り組みも行っています。また、このような環境への活動を世の中に推進しようとLED商材の販売も行っています。

まとめ
このようにエスケイ通信では、社会や環境保全活動に率先して力を入れています。こうした取り組みは一時的なものではなく、継続的に行うことや社員一人一人の意識がとても大切です。また、より良い社会や環境に貢献するだけでなく、会社の透明性や健全性を知ることにも繋がるので、企業が社会や環境に対してどのような取り組みをしているのか一度調べてみるのもより詳しくその企業を知る上で大切なのかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中山永次郎氏はホテル・旅館の再生請負人として有名ですが、如何にして今の地位にたどり着いたのでしょうか…
  2. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  3. 日本で働いている外国人の数は、2018年時点で128万人を超えます。飲食店や建設業など、私達の住む街…
ページ上部へ戻る