アレキサンダーアンドサンの免税店とは?

img04306f720dc9ff86d6c48a044744961517e2a5afb3f4.jpg

アレキサンダーアンドサンで利用できる免税店とは?   
アレキサンダーアンドサンの事業の核となっているのが、免税店事業です。現在、全国に9つ展開しており、そのうち7つが九州地方に集中しています。
この免税店は、アジア系外国人の観光客をターゲットにして、商品の販売をするためにアジアの玄関口になっている九州の地域に展開させています。大都市での展開だけでなく、地方都市である九州に主眼を置いて展開する店舗を複数有しているのが、事業展開の特徴となります。
アレキサンダーアンドサンはアジア系外国人の観光客層をターゲットにした免税店として、九州に複数展開していますが、いままでは免税店といえば、空港や海港など入出国するゲートにあるものと認識されていましたが、最近では入出国ルートを担う地域の周辺だけでなく、税務署に輸出物品販売場許可申請書を届け出ることによって、免税店として外国人観光客向けにサービスを提供することができます。
博多港を中心に、空港や海港を利用するアジア系の外国人客数が昨年2015年と比較して約1.5倍になっているなど、急激に九州地方を訪れる観光客が増えています。当然、出国時も九州を利用する場合が多く、最後に訪れた土地で日本の旅の思い出を求めて、免税店でお土産の購入をしていきます。
免税店では、免税制度を利用することで税金の一部が課税されず、商品を購入できるサービスになっています。日本国内に住んでいる人であっても海外に出国する際であれば、外国人観光客と同じように免税制度を利用して税金の一部を負担せずに商品を購入することができます。
頻繁に訪れる海外からの旅行客をターゲットにして、その地方や都市、観光地独自のお土産を免税価格で購入することができるため、大変便利で免税店での購入体験自体が旅の楽しみのひとつとなっています。
アレキサンダーアンドサンの店舗は、観光地の近隣に免税店を出店することで、目的の観光の前後に立ち寄ってもらうことができ、その観光地で時間いっぱい旅を満喫できます。
そのためトラブルなどで旅程に遅れが生じて、空港や港で免税店を見て回る時間を十分に確保できない場合も、観光地でこちらの免税店を利用すれば、お土産を買い損ねたということにもなりません。

簡単にオープンできる免税店    
アレキサンダーアンドサンが展開している免税店は、主に外国人観光客をターゲットとした店舗づくりをしています。
近年、政府が「観光先進国」として日本を世界にアピールし、訪日外国人観光客数を増加させるために、免税に関する制度が緩和され、現在、外国人観光客が観光で訪れる場所や繁華街では、免税できる店舗が多くなってきています。
免税店は、外国人観光客に商品を売買する際に、特定の税金の一部を免除して販売できるお店です。
現在免税店は2種類存在しており、直接課税される消費税を免税できるタックスフリーショップと、消費税以外に酒税やたばこ税、そして関税が免除されるデューティーフリーショップとが存在します。
アレキサンダーアンドサンは沖縄の免税店を除き、タックスフリーショップに該当します。
この免税店は、市街地にも出店させることができますが、デューティーフリーショップは空港や海港の中など、国内でも外国扱いになる特定エリア内に設けることができる免税店になり、特性上、市街地にはあまりありません。
タックスフリーショップが増えているのは、外国人観光客の訪日や購買活動による経済活性化を目的とする日本政府の規制緩和により、輸出物品販売場許可申請書を届け出てできたお店が多くなっています。また、この規制緩和後に出店した免税店が、最近街中で多く見かける免税店です。外国人をターゲットとしており日本国内の非居住者に該当する場合には、日本人でも消費税免税が受けられます。
アレキサンダーアンドサンが扱っている商品では、ブランド品のかばんや高級腕時計、その他民芸品などは一般物品に該当するものです。
また、化粧品やお土産となる食品といった消耗品も取り扱っています。
一般の小売店舗で購入すると免税手続きができず消費税がかかりますが、免税店ではこれらの商品を消費税の負担なく購入できる免税店は、非常に魅力的です。その魅力から、免税店は多くの外国人観光客でいつも賑わっています。
ここ数年よく耳にして話題にもなりましたが、中国人の旅行客による「爆買い」によって、多くの商品を一度に大量に購入する現象も見られます。
また、高額な商品を購入するよりも日常品の購入を数多く購入する旅行客も増えており、ターゲットとなる外国人観光客の日々変化していくニーズを把握するため、免税店も奔走しています。
アレキサンダーアンドサンではどんなニーズにも的確に応えられるよう、大きな規模の店舗によっては3,000品目の商品を常に用意しており、どんな外国人観光客も満足できるよう、商品管理に注力しています。

規制緩和策も後押しする有利な事業展開
アレキサンダーアンドサンでは、他者競合が運営する免税店とは異なり、自社でバス事業やホテル事業も展開しているため、外注コストをかけることなく、自社の免税店に外国人観光客を循環させられるようになっています。
また、外部の旅行会社とも提携することで、より多くの外国人観光客に免税店の利用をしてもらう機会を増やしています。
今後、中国人観光客以外にも、シンガポールやマレーシアなど東南アジアの外国人観光客が多く訪れることになれば、免税品の上限額の規制緩和の国策も手伝って、ますます免税店での利用客数の増加を期待できます。
また国内の様々な地域や観光資材に外国人観光客が訪れることで、アレキサンダーアンドサンの免税店の新規出店の機会も増えることでしょう。

アレキサンダーアンドサン
http://www.alexanderandsun.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 島根県にすんでいる大淵裕昭は、昔からアニメが好きです。もともと彼の兄がアニメ好きだったこともあり、兄…
  2. インテリアデザイナーとして順調に仕事を受注している徳永祐助ですが、現状に決して満足しているわけではあ…
  3. img409973c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg
    初鹿明博氏の日常について政治家が毎日どのような日々を送っているかご存じの方は少ないでしょう。議員によ…
ページ上部へ戻る